ひとつ いいこと・・・

一日の中でひとついいこと見つけながら・・・

忘れてた優しさ 2006/02/28

Filed under: 出会い — kirin @ 21:42
 
 我が家のリビングにちょこんといる小さな額絵
 
  最初の出会いは 昨日のおじさんの画廊
 
  油絵の大きな額が並ぶ中
 
  そこだけ ほんわか温かい
 
  忘れていた何かがそこにはあるような。。。
 
  この絵は全て 色鉛筆で描かれたもの
 
              その 繊細さに脱帽です
 
  
 
時々、おじさんの画廊で個展を開きます
その中で私がとっても魅かれた渡辺美香子さん
 
自分の気持ちに正直で、まっすぐ生きることができたなら
どんなに毎日いきいきと心地よく暮らせる事でしょう
       (中略)
心おだやかな優しい気持ちをとりもどすことができれば
本当に大切なものが、きっとそこに見えてくるはず・・・
そんなふうに思いながら、幾年月変わらぬ時間を刻み続ける美しい自然と
あたたかな人々の暮らしを、私は、私の感じたままに、思い描いてる気がします。
 
色鉛筆だけで描かれた渡辺さんの絵は
繊細で、温かく、「優しさ」を教えてくれるそんな気がします
 
我が家にあるのは小さな額ですが
おじさんにお願いして、大きな絵を写真に撮らせていただきました
ガラスが反射して少し色が違うのが残念なのですが・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
 

ロマンチスト 2006/02/27

Filed under: 気づかい — kirin @ 21:35
      階段をトントンを登るとそこにある小さな画廊   
 
一階にある大きな画廊は大通りに面してて
通勤で足早に通り過ぎる人の目にも留まる門構え
その奥の階段を上がって行くと
そこは、決して綺麗とは言えないのだけど
ちょっと雰囲気のある画廊が・・・
 
並べられてる絵は、あまり見たことのないものが・・・
でも、こちらから○○さんの絵とかは~などと言ってみると
ごそごそと奥から「いいでしょう~」と出してくるおじさん  
 
最初はなんだか、とっつきにくいな~って思ったけど
何回か通って解ったことは
このおじさん、見た目はとてもダンディとは言えない けど 
時々開く、個展はとても優しい絵を描かれる人が多い
本当はとってもロマンチスト  なんだ~
 

 

先日、ふと立ち寄ってみると

白いトレーの上になにやら不思議なものが・・・

よ~く見ると可愛い~葉っぱから芽?が出て

それも二つ並んで

「こんなんでも置いとかんと、汚いオッサンだけやと、

お客さん帰ってしまわはるさかいなぁ^^」

 

「どんどん増えるから半分切ってあげよか~」

せっかくのおじさんのご好意でしたが

半分に切ってしまうのは可愛そうなので

写真だけ撮らせていただいて帰って来ました

 
 
 

イメージ 2006/02/26

Filed under: 出会い — kirin @ 13:51
以前にもご紹介しましたが
粘土人形作家の田辺ヒデキさんの個展のお知らせを頂き行ってきました
私が最初に田辺さんの作品に出会ったのは
                   「祭りのあと」のお雛様でした

 

田辺さんの人形は、ちょっと疲れたな~って時でも

見ると、思わず微笑んでしまいます・・・

今回の個展では「酔っ払いシリーズ」が多く

なんとも言えない可笑しさがありました

粘土を触ってると、その軟らかさが酔っ払いに結びついたのだそうです

「祭りのあと」とはイメージが随分違いますが

               思わず笑ってしまいました

 

一つのイメージで人を見てはいけないなぁ・・・

1本のペットボトルが目の前にあったら

               見えるのは正面だけ

反対側から見たら、又違った顔が見えるかも・・・

 底は持ち上げないと見えないし

  中は蓋を開けて飲んでみないと解らない

 

今回我が家にやって来た猫ちゃん

前からいる、犬と猿の間に座らせようかと思いましたが

折角、仲良く並んでるのにお邪魔してはいけないと思い

まね金太郎の近くに座らせました

二人?でいっぱい福を招いて頂戴ね~

    

 

***フォトアルバムに今回の作品をUPしました お気に入りは「60歳の犬」***

 

 

 

平和と平等 2006/02/23

Filed under: 願い — kirin @ 23:51
平和
一番大事なこと
 
平等
人間として当たり前のこと
 
昨日
在日朝鮮人で被爆者の方の
お話を聞いた
聞こえるけれど日本人ではない
 
今日
日本人聾者で被爆者の方の
お話を聞いた
聞こえないけど日本人
 
でも
二人はお話の最後に同じことを言われた
「人間として扱ってほしい」
「戦争は絶対にいけない」
 
私は何を知ってるのだろう・・・
私は何ができるのだろう・・・
 

平和
一番大事なこと
 
平等
人間として当たり前のこと
 
 
 

良かったね 2006/02/21

Filed under: ありがとう — kirin @ 22:17
 
  雲ひとつない青い空
  今日は久しぶりにいいお天気
 
 やっぱり、お陽さまの光は暖かい
 
 ビルの谷間から空を見上げると
 そこには真っ青な空
 あの窓には、まだ仕事をしてる人が
             いるのだろうか・・・
 今日はお陽さまの光が入って
             良かったね
 
 
 
 帰り道
 小さな、小さな、青い花
 
 何日か前にふと眼に入った「青」
    よ~く見ると青いお花
 
 それから、毎日通るのに
  晴れた日がなくて「青」は
  眼にはいらなかった
 
 今日はお陽さまの光をいっぱい
  浴びて 良かったね
 
 

反省 2006/02/20

Filed under: 未分類 — kirin @ 23:49
Tags:
缶に描かれてる絵に魅かれて買った紅茶
アーマッド(イングリッシュアフタヌーン)
広い道が続いてて沢山の紳士淑女が馬にのって
それを見物してる人がいる^^
どこなんだろう~
なんとなく・・・まだ開けられなくてそのまま
早く飲まなくちゃ賞味期限がきれちゃうね~

     
 同じお店でこれもまた緑の蓋が           またまた同じお店でどこにでも
     可愛くて購入                      あるものじゃないので購入

         

 
Bonne Mamanのジャムは赤いチェックの蓋がおなじみだけど
白い容器に緑のチェック中身を確認しないで買ってしまいました
ストロベリーって書いてあるからいいや!と思いきやよ~く見るとミントって文字が~
ミント味はちょっと苦手・・・でも食べてみるとそんなにツーンとしてなくて美味しい
 
お菓子はちょっと買いすぎ・・・^^;ました
輸入物でどこでもあるものじゃないし~って買ってしましましたが
これでは、体重が増えても何も不思議ではありません
でも、どれも美味しかったです~ ん?やっぱり食べた?
 
ひとついいこと・・・ではなく
      沢山の反省・・・でした
 

                                       「生協の白石さん」の本より
 
「愛は売っていないのですか・・・?」
 
「どうやら、愛は非売品のようです。
 もし、どこかで販売していたとしたら
それは何かの罠かと思われます。
  くれぐれもご注意ください。」
 
 

本との出会い 2006/02/19

Filed under: 出会い — kirin @ 00:02
本を読むことが好き
本に囲まれてることが好き
 
図書館の空気が好き
本屋さんの雰囲気が好き
 
 
今日、電車の中で読み始めた1冊の文庫本
すぐに本の世界に入り込み
何回も涙がこぼれそうになった・・・
周りに人がいるのに、もう少しで本当に涙がこぼれそうだった・・・
 
電車を降りて、本当は時間があるので
ウィンドショッピングをしようと思ってた
でも、どうしても読みたい!
ベンチを探して、一気に読み終えた
 
心から笑うことの大切さを感じ
       とても爽やかな風が通りすぎていった
 
 
「The MANZAI 」あさの あつこ著
少年の心をみごとに捉えた児童書
以前同じあさのさんの「バッテリー」を読んで衝撃を受けた
あさのさんの本はただの児童書ではないと感じる
 

リンクさせて頂いてるyumimiさんに作って頂いたブックカバー