ひとつ いいこと・・・

一日の中でひとついいこと見つけながら・・・

麻のブックカバー 2012/02/29

Filed under: 趣味 — kirin @ 21:56

ブックカバーを新しくしました

今までと同じ麻のものです

電車で読むことが圧倒的に多い私は 立ったままでも読みます

そんな時 片手で持っても 麻のブックカバーはずれないので重宝してます

今までのは 臙脂色で印伝調のワンポイントがあり 栞紐もついていました

新しいのは 色は落ち着いたグリーン 栞紐は 挟むタイプの栞(同じ麻)になり

ワンポイントの変わりに 開き防止でしょうか 紐が縫い付けてあります

この紐じゃまかも・・・と思いましたが 使ってみると意外と便利です

 

 

白川包み

Filed under: 日々のこと — kirin @ 21:41

普段は観たい番組の時しか入れないスイッチを 何気なく入れていたら

TVから聞いた事のある駅名が聞こえてきました

実家の駅です!すぐに座って観ました(笑)

「ダルセーニョ」と言う小さな洋菓子屋さんがちょうど映っていて

オーナーシェフの伊藤さんは 「ハイジ」で長い間勤められたそうです

懐かしい~「ハイジ」 私の年代の神戸っこなら皆知ってると思うんだけど・・・

それに今話題の小山ロール 三田の「パティシエ エス コヤマ」の

オーナーシェフ小山さんの上司だった方

最近は週一で往復している実家なので

早々に行って来ました!

「となりの人間国宝さん」に任命された「白川包み」フワッとして美味しかったー

今度は「純生ロール」を買ってみようっと

 

 

 

一周忌 2012/02/26

Filed under: 日々のこと — kirin @ 11:00

母の一周忌の法要を無事に営むことが出来ました

入院中の父を自宅に連れて帰って来られるか 正直不安でした

外出許可をいただいて 車椅子で帰って来た父

久し振りの我が家で母との対面 法要も無事に最後まで座っていられました

母も喜んでいたことでしょう

少しベッドで休んでから又 病院に戻りましたが 顔が明るくなりました

いっぱい食べて 頑張ってリハビリして 早く家に帰れますように

介護認定の結果が出ました 母と同じ要介護度4 少し複雑です・・・

来て下さったお坊さんの声が低温の良い声

大きな声で始まったお経に最初 目を白黒させていた1才のKくん

だんだんと周波数がドンピシャだったのか 目がトロ~ンとし出しました

舟を漕ぎ出したと思ったら コテンと寝てしまいました

皆 笑いを堪えるのに必死!

低温の声って眠気を誘うのですね(笑)

 

 

 

表情 2012/02/25

Filed under: 言葉 — kirin @ 00:02

海は広いな~大きいな~♪

って・・・琵琶湖ですけど 気持ちいい~(^^)/

大事な事は相手の顔を見て話しをする

私のモットーの一つです

携帯のメールが普及したころ 聞こえない友だちとメールでやり取りできることが嬉しくて

それが当たり前になり なんでもメールで連絡し合うようになりました

ある時 ちょっとした事で話しがかみ合わなくなり

今から行くから とメールして飛んでいって 会って話したことがあります

「手話」には表情がとても大切です

顔だけでなく 身体の表情 手の表情

「手話」に係わっている者なら 当たり前に理解していることなのに

事情があり 手話関係の聞こえる人とメールでのやり取りをしました

彼女もとても気を使って文章を打ってくれてるのが解ります

私も言葉を選んで選んで打ったつもりです

でも どうしても通じ合わない・・・

お互い聞こえるのだから電話して話せばいいのかもしれませんが

きっと二人とも 電話しても顔が見えないからと思ったのでしょう

正直ちょっと疲れました

これが 会って話せばきっとすぐに解決できることなのでしょうが・・・

まぁ いいか・・・と思うようになった自分もなんだか悲しいです

 

 

語彙の選択 2012/02/22

Filed under: 言葉 — kirin @ 21:09

 

医療現場での通訳について勉強していた時

「命」に係わる事なので・・・云々・・・

「命」という手話単語を使って文章通りの手話表現をした私

もちろん 間違いではなく 文章をきちんと獲得しているろう者にはそのまま伝わるでしょう

でも 手話を禁止された時代に育ったろう者には もっと解りやすい手話単語を使うべきでした

「生きる」やろー!

「命」を「生きる」と言う手話単語に変えて ということです

ここにおるろう者に分かる手話だして!

そうです 手話は相手に合わして表現しないと意味がないのです

何年たってもまだまだな私・・・

でも こんな事を言ってもらえるのは 私なら出来るって思ってくれてるからだよね

甘いかなぁ~(笑)

あほか って言ってる気がする^^;

 

 

日本列島いきものたちの物語 2012/02/20

Filed under: 日々のこと — kirin @ 21:25

約9万種という 世界でも類をみないほど多くの生き物たちが共存する日本列島

その生き物たちの“家族愛”をテーマにしたドキュメンタリー映画

自然の中で生きていく厳しさ

この映像を2年半にわたって追い続けたカメラマンの方に拍手を贈りたいと思います

日本の四季の美しさも 映し出されます

生き物たちの気持ちを代弁するかのような温かいナビゲーションも素敵でした

 

 

 

上を向いて歩こう

Filed under: 言葉 — kirin @ 12:23

耳が聞こえない人のコミュニケーションの一つに手話があります

もし耳が聞こえず目が見えなくなったら

その人の両手を持って手話をする触手話があります

目が見えない人のコミュニケーションの一つに点字があります

もし目が見えず耳が聞こえなくなったら

その人の両手指先を点字タイプライターに見立てて打つ指点字があります

その指点字を発見した 福島令子氏の講演会に伺いました

息子さんは東京大学教授 福島智氏です

智さんは3歳で右目 9歳で左目を失明 18歳のときに失聴し全盲ろう者となりました

飾る事なく 正直にご自分の経験 気持ちをお話しされる令子さん

昭和8年生まれとは思えない とてもお元気で明るい方です

帰りの電車で友人が言った言葉

「生きてたらなんとかなるよ

いつもちょっと上を向いて歩いたらいいんだよ」