ひとつ いいこと・・・

一日の中でひとついいこと見つけながら・・・

初節句 2011/05/07

Filed under: 未分類 — kirin @ 20:54

男の子の初節句は 鎧兜

立派なお飾りが実家から送られてきました

沢山の愛に包まれて のびのび元気に大きくなあれ

 

こちらは 29年前の初節句の 鎧兜

今も我が家に飾っています

 

広告
 

拘り 2011/04/19

Filed under: 未分類 — kirin @ 11:25

日本の仏事には 数多くの法要があります

その一つ 四十九日の法要は来世の行き先が決まる日と言われ

故人の成仏を願い極楽浄土に行けるように法要を営みます

母の四十九日の法要が終わりました

決めごとにとらわれるのはあまり好きではありません

法要を行わなくても 母は別の世界で笑っていると思っています

でも 母の近しい人が寄り 母の思い出を語る

そんな時間を共有できたことに感謝します

法要は 残された人の 心の拠り所かもしれません

優しいオレンジのバラは 友人から届きました

白に拘らず オレンジを選んでくれたこと

とても嬉しかったです

 

 

英国王のスピーチ 2011/04/15

Filed under: 言葉,未分類 — kirin @ 22:01

 

映画「英国王のスピーチ」を観ました

現エリザベス女王の父上にあたる ジョージ6世

吃音症を持つ彼の心の葛藤

兄の生存中退位により 必然的に王となる運命

ライオネルとの出会いによって 徐々に自分の言葉を取戻し

ナチスドイツとの開戦直前

国民の心を一つにする世紀のスピーチに挑みます

言葉というものは とても力のあるものだと感じました

 

 

 

八重桜 2011/04/14

Filed under: 未分類 — kirin @ 20:44

染井吉野が散り始め 八重桜が咲き始めましたね

黄色の八重桜 「鬱金(うこん)」     

だんだんと白っぽくなってきます

黄緑色の八重桜「御衣黄」

こちらは開くと黄緑色の線が入ってきます

どちらも珍しい品種ですね

    

 

吉水神社 2011/04/13

Filed under: 未分類 — kirin @ 22:11

義経が兄頼朝に追われ潜入した吉野山

ここで最愛の静と別れ奥州へ落ち延びたといわれています

その時は 雪の季節だったとか

時が変わり 豊太閤が盛大なる花見の宴を催したのも同じ場所

後醍醐天皇王座はその時に秀吉が修理したものだとか

境内に一目千本がある吉水神社は

重要文化財の宝庫といわれています

 

 

吉野桜

Filed under: 未分類 — kirin @ 21:57

吉野千本桜 一目千本

見ごろはあと2,3日かな

吉野の桜は白に近いピンク色

 

茶さじ

Filed under: 未分類 — kirin @ 21:53

桜の茶さじ

吉野のお土産です